鍼灸治療について

鍼灸治療とは?

鍼灸治療が初めての方は、どのようなことをして、どんな結果が得られるのかよくわからないかと思います。そこでまずは、鍼灸治療の基本知識についてご説明させていただきます。

簡単にお伝えしますと、鍼灸治療は私たちの身体が本来持っている治癒力を引き出し、健康な状態に戻すための方法です。中国に古くから伝わる医学(中医学)では、「ツボ」「気」「経絡」といった考え方があり、鍼や灸を使ってツボを刺激することで、経絡の中に滞っていた気を流していきます。

特にお勧めなのは、薬だけに頼り過ぎるのを避けたい方で、例えば西洋医学では薬で細菌を殺しますが、中医学では身体が細菌と戦い排除できる正常な状態に戻すことを目指します。ただし、當山鍼灸院では西洋医学を否定しているわけではありません。身体の状態や好みなどに合わせて、適切な治療方法を選択することが重要であると考えています。まだ一度も鍼灸治療を受けたことがない方は、ぜひ一度お試しいただき、つらい時の治療選択肢の一つとして捉えていただければと思います。

 

 

鍼灸治療という選択肢

日本では、医学と言えば西洋医学をイメージする方がほとんどですが、実は鍼灸治療も、同じくらい幅広い症状に対する治療効果と実績があります。

鍼灸治療については、紀元前に書かれた中国最古の書籍にも記されており、長い歴史のある伝統的な治療方法ですが、それ故に何千年もの時間をかけて実績が積み重なってきました。 

また、近年は科学でもその効果が明らかになってきており、WHO(世界保健機関)も鍼灸治療の効果がある症例を発表しています。まだまだ日本では浸透してない鍼灸治療ですが、世界には当たり前のように医学として取り入れている地域もたくさんあります。病院で治療を受けたがなかなか治らない、薬や手術をできるだけ避けたいという方は、ぜひ當山鍼灸院へご相談ください。

鍼灸治療の適応症例

鍼灸治療は身体の自然治癒力を引き出し、根本的に健康な状態にしていく方法ですので、かなり幅広い症例に適応可能です。

以下にWHO(世界保健機関)が認定している適応症例を記載しておりますので、参考にしていただければと思います。

顔面、頭部、皮膚 顔面神経麻痺、顔面痙攣、片頭痛、三叉神経痛、動眼神経麻痺、眼斂下垂、外転神経麻痺、網膜色素変性症、網膜剥離、眼精疲労、白内障、緑内障、脳卒中や脳梗塞の後遺症、統合失調症、鬱病、顎関節症、花粉症、アレルギー性鼻炎、突発性難聴、萎縮性鼻炎、急性鼻炎、慢性鼻炎、慢性喉頭炎、メニエール病、メニエール症候群、帯状疱疹、アトピー性皮膚炎、神経性皮膚炎、脂漏性皮膚炎
首、肩、胸部 肩こり、頸椎症、腱板炎・腱板炎、五十肩、肋間神経痛、頚椎椎間板ヘルニア、頚肩腕症候群、胸郭出口症候群、頚椎捻挫、ムチ打ち、脳震盪
腰・四肢・関節 腰痛、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、梨状筋症候群、腱鞘炎、手根管症候群、膝痛(変形性膝関節症)、脊椎分離症・すべり症、胸郭出口症候群、橈骨神経麻痺、パーキンソン病、重症筋無力症、筋萎縮側索硬化症、強直性脊椎炎坐骨神経痛、肩腱板炎・腱板断裂、テニス肘、野球肘、捻挫、足底筋膜炎、アキレス腱炎、靱帯損傷、足根管症候群
心臓 高血圧、冠状動脈硬化症心臓病、不整脈
呼吸器 喘息、慢性気管支炎、過換気症候群、睡眠時無呼吸症候群、気管支拡張症、間質性肺炎
消化器 脂肪肝、胃下垂、慢性胃炎、逆流性食道炎、胃潰瘍、神経性胃炎、胃酸過多症
腎、泌尿器 慢性前立腺炎、慢性腎炎、早漏、膀胱炎、男性不妊症
婦人器 更年期障害、月経前症候群、子宮筋腫、冷え性、生理痛、不妊症
代謝・内分泌 糖尿病、痛風、甲状腺機能低下症、甲状腺機能亢進症、クッシング症候群

パソコンやスマートフォンをよく使う方へ

パソコンやスマートフォンを長時間使っていると、どうしても肩こりや背中の痛みの原因となってしまいます。

悪化するとマッサージだけではほぐすことができず、どんどん慢性化してしまいます。そんな時は、肩周辺の筋肉を鍼で刺激することで、驚くほどラクになることがあります。また、マウスやキーボードの使い過ぎで手首や指に痛みがある方の場合は、肩甲骨から指にかけて鍼灸治療をすると、痛み和らいでいきます。

ぎっくり腰でお悩みの方へ

ぎっくり腰になった時は、安静にすることも大事ですが、鍼灸治療をすることでより早く痛みを緩和することができます。

少しでも早く仕事や学校に復帰したい方、移動しなければならない方、痛みを我慢できない方などは、鍼灸治療を受けるようにしましょう。

なお、うつ伏せになることも難しい場合には座ったままの状態で治療を行うことも可能です。

風邪をひいた方や、熱が出た方へ

風邪をひいたら風邪薬を飲んで早く寝る。それももちろん大事なことですが、鍼灸治療を受けることで、身体の免疫力を引き上げることができます。

中国では、一般の方が体調を崩した時に鍼灸治療を受けるのは当たり前の習慣になっています。筋肉の症状だけでなく、内分泌系や循環器系の症状にも効果があるのが鍼灸治療の大きな特徴です。風邪をひいてしまった時も、ぜひ鍼灸治療をお試しください。また、風邪をひきやすい方は、月に1回は鍼灸治療を受けて自然治癒力を高めておくようにするのがお勧めです。

  • 當山指圧鍼灸接骨院オフィシャルブログ
  • 接骨院・整骨院ガイド
side_inq.png