院長ブログ

2018.09.25更新

症例

患者さん

50代 男性

 

来院日

2018 5月 ~9月

 

症状

一年ほど前に物凄く強い指圧?をうけたあとから

右肘~右親指にかけてしびれがでている。

ずっとしびれているわけではなく、

しびれが出たり出なかったりする。

本を読んでいる時にしびれが出てくることが多い。

 

治療と経過

治療は背中と手に鍼を行った。

1回目から4回目までは

週に1回のペースで来院。

しびれる頻度が少なくなってきたことと、

しびれる範囲が右肘付近のみになったこともあり

その後は2週間に1回のペースで治療を行った。

微妙にしびれが残る状態が続いたが

12回目の治療時にもうしびれは改善し

趣味の読書も不快なくできていると報告をうけた。

 

 

 

投稿者: 當山鍼灸院

2018.09.21更新

症例

患者さん

30代 女性

 

症状

特に痛めた感じはなかったが、

2週間前より上を向く動きで

首に痛みがでる。

 

施術と経過

背中のツボを使用。

一本打つごとに

効果を確認しながら行った。

2本鍼を行うと

痛みの消失

可動域にも改善が

見られた。

 

まとめ

背中の緊張をとることで

首の動作時痛を改善できた。

 

投稿者: 當山鍼灸院

2018.09.13更新

症例

 

症状

 

3日前、仕事中に座った姿勢から立ち上がった瞬間

激痛が走り、動けなくなった。

職場の仲間に抱えられて病院へ行き

座薬と点滴を行った。

当院に来院時は、一人で歩けるようになったものの

・立ち上がりに痛み

・前かがみで痛む

・同一姿勢でいられない

・歩行ぎこちない。

 

施術と経過

 

座った状態で背中を触診をした際に

痛みを訴えた部位が二ヶ所あったので

そこを緩めるように治療を行った。

治療後は、痛みはあるが心なしか

動けるようになった気がするとのこと。

 

二回目の治療

一回目の治療のあと痛みが引いてきて

次の日 10⇒5 その次の日 10⇒3 と

良くなってきていて仕事復帰も出来ている。

腰も曲がりやすくなっているが、

座った姿勢が続くと痛みが出る。

前回と同様の治療+座った姿勢でも痛くならないように

することを考えてツボを選択した。

 

次の日の夜、状態をメールで確認すると

怖さはあるものの、支障なく仕事を行えてると

返信があった。

 

使用したツボ

玖路R 後渓R 威霊R 陽輔R

 

 

 

 

 

投稿者: 當山鍼灸院

2018.07.06更新

症例

 

患者さん

40代 男性

 

来院日

2018 6月

 

症状

左の肘を深く曲げたり、そこから肘を伸ばす時に

肘の後面に痛みが出る。何気ない動作で使うときにも

痛みが走ったりする。

 

治療内容と経過

一回目の治療では、痛む動きを

確認しながら行った。

背中に鍼をしながら、痛む動きを

再現してもらい、症状がその場では

良くなったことを確認し終了した。

 

二回目、来院時、肘の痛みは

場所が少し変わったとのことだった。

 

三回目で、患者さんの肘の痛みは

良くなっていて最近は気にならなくなっていた。

投稿者: 當山鍼灸院

2018.05.16更新

症例

患者さん

40代 男性

 

来院日

2018 5月

来院までの症状

来院日前日の昼頃から

腰に違和感があった。

夜には強い痛みに。

腰を動かすと強い痛み

右鼠径部付近にも痛み

 

特に気になる・痛む動き

●前かがみ

●起き上がり

●腹筋に力を入れた時

●右足上げる動きで鼠径部痛

 

治療内容と経過

治療は3日連続で行った。

1診目の治療では

動きの改善と炎症を抑えることを

目的に治療を行った。

その場ではあまり改善は見られなかった。

 

2診目 痛み 10⇒3に改善 

朝、起き上がるまではきつかったが

それ以降は徐々に回復。

前日は歩くのもきつかったが

今回は職場で駆け足もできるくらいに。

ただ、深い前かがみ動作、

腹筋に力を入れる時には痛みが強い。

2診目も前回と同様の治療を行った。

 

3診目 痛み 10⇒2

前かがみ 腹筋に力を入れさえしなければ

痛みを気にすることなく過ごせている。

前かがみ動作 腹筋に力をいれる時の

痛みを改善できるように治療を行った。

今回は違うツボを選択した。

その後、痛みの出る動きが

なくなったので、治療を終了した。

 

使用したツボ

LR殷門 R玉人 R後渓 R六谷 R中腰 R肩稜

 

投稿者: 當山鍼灸院

2018.05.05更新

症例

患者さん

20代 女性

 

来院日

2016年 7月

 

来院理由と症状

交通事故(玉突き)にあった後から

首~背中上部に痛みが出てきた為、来院。

症状は、うがいをするときなど、上を向く動作で痛み。

寝返り時にも痛みが出る事がある。

 

治療内容と経過

首~背中までを触診し

固さのあるところを

緩めるように鍼と

ビワの温灸器を使い

治療を行った。

3回目の治療で痛みが

気になることが少なくなり

7回目の治療で

上を向く動作、寝返りの時の

痛みもなくなったので

治療を終了した。

 

投稿者: 當山鍼灸院

2018.04.18更新

症例

 

患者さん

30代 男性

 

来院日

2017年10月

 

来院理由と症状

当院に来院される3日前より

首に痛みがでて、整形外科を受診。

頚椎椎間板ヘルニアと診断される。

知り合いからの紹介で当院に来院。

首はどの動きでも痛みがでる。

起き上がる時や力を入れる時も

首に痛みが走る。

痛みのせいか、呼吸もしづらい時がある。

右肘~右手全体にしびれ

 

治療内容と経過

治療は全体的に触診をして

特に気になった背中と

骨盤付近の固さを取るように

行った。痛みの出ている

首には悪化することも考えて

触らないようにした。

1~3診目までは

少し変わったかな?という感じだったが

それ以降は徐々に症状が軽減してきた。

できる動きも増えてきて、

●できない動き(回旋)

●きつい動作 (起き上がり)も

はっきりしてきた為、

この2点を改善できるように

治療を行った。

4~7診目までで動きも改善していき

それにつれしびれもおさまってきた。

 

その後、来院されない期間があり

4か月後に再来院。経過を確認すると

しびれはたまに出る程度、痛みも

落ち着いてるとのことだった。

 (力作業をするときは痛むことも)

特に使用したツボ

R後渓 R合谷 R小腸兪 R背中の硬結

 

投稿者: 當山鍼灸院

2018.04.11更新

症例

患者さん

50代 女性

 

来院日

2018年 3月

 

来院理由と症状

週に3日 趣味でテニスをしている。

1月頃からサーブを打とうとすると

痛みが右肩後面に出る。

(上から振り下ろすサーブの時)

何回もしていると力も入りづらく

なってきた為来院。

 

日常生活では特に気にならない。

 

治療内容と経過

肩の動きを確認すると、外旋動作

外転動作 この2点で特に痛みや

引っかかり感が出た為

その動きを良くするために

鍼治療をした。

鍼をして一回ずつ効果を

確認しながら行い、

4本目で痛い動作が消失したので

この日の治療を終了した。

 

2診目は、一か月後。

様子を聞いてみると

その後、調子がよくなり

痛みでフワッとしか

打てなかったサーブが

ジャンプしながらビシッと

サーブも打てるようになったとの

報告を受けた。痛みは今も出ていないが

定期的に受けたほうが良いのかなと思い来院された。

動きを確認すると前回と同様の動きで少し

つっぱり感?違和感がでているため

それを取り除くように治療をし終了した。

使用したツボ

R志室 R申脈 R陽輔 T7(1)R

 

 

まとめ

治療後、肩の動きが改善したものの

テニスのサーブで痛みはどうなるか

心配していたが、痛みなくテニスが

できるようになってサーブも

ビシッと決まるようになったとの

報告を聞けて安心した。

 

 

 

 

投稿者: 當山鍼灸院

2018.03.24更新

めまい

患者さん

女性 30代

 

来院日

2018年2月

来院理由と症状

元々、不定期に症状が出ると

当鍼灸院を利用されている方。

今回は、めまいのような症状が

3回ほど出たため、鍼でも効果が

あるか問い合わせがあり、

相談のうえ来院された。

症状は、パソコン作業中に

視界がぐにゃ~と歪む?ような

感覚になる。(一時的に)

毎日ではなかったが、

一週間のうちに3日ほど

このような症状があった。

 

治療内容と経過

首を触診して一番こりが

強く感じたところを緩ますように

ツボを選択した。

それにプラスしてストレスも

あるということだったので

ストレスの軽減を目的に

ツボを選択した。

 

心配だったこともあり

2日続けて治療を行った。

その後一週間後に来院時

確認したところ、治療後からは

今のところめまい症状は出ていないとのこと。

※3/24現在も症状はでていない。

 

使用したツボ

R大鐘 LR心兪

 

まとめ

学んだことを忠実に

守って、めまいの原因を

探し出して治療を行うことで

いい結果を出すことができた。

 

投稿者: 當山鍼灸院

2018.03.23更新

ぎっくり腰

 

患者さん

20代 男性  ※友人です。

 

施術日

2018年2月

 

施術理由と症状

約1週間前、草野球の試合中、送球した際に腰を痛めた。

翌日は腰の痛みが強くお仕事を休んだ。

その後はいきつけの治療院で治療をしてもらい

改善傾向にあったが、家でアイロンがけをしていた時に

再度腰を負傷。

次の日が草野球の大会だった為、少しでも試合に

出れることを願って鍼治療をした。

前屈動作、捻る動作、起き上がり動作で強く痛む。

腰に鉄板が入っているような感覚。

歩く動作も辛そう。

 

治療内容と経過

痛みをとるため

炎症を抑えるために

それぞれに対応するツボ

三か所に鍼を行った。

(ふくらはぎと足)

治療直後には、痛みの変化は見られなかったが

痛めた直後であった為、刺激しすぎると悪化

することも考え、治療を終了した。

 

次の日に会った時に経過を確認すると

痛みは10⇒3くらいになった。

前屈動作では少し突っ張る程度には回復。

腰の捻る動作に関しては痛みはなくなったとのこと。

本職のポジションで試合に出る事はできなかったが

なんとか試合にフルイニングでることはできた。

 

使用したツボ

L玉人 L光明 L後渓

 

まとめ

痛みを完全に取ることは

できなかったが

試合に出れたので一安心。

その後治療はしていないが

自然と痛みもなくなったとのこと。

痛い所に鍼をして悪化させた

経験もあるが、整動鍼という

技術を学び

遠隔のツボから腰を調整

することを学んだことで

改善率があがってきている。

 

※結果には個人差があります。効果を保証するものではありません。

 

投稿者: 當山鍼灸院

前へ
  • 當山指圧鍼灸接骨院オフィシャルブログ
  • 接骨院・整骨院ガイド
side_inq.png