院長ブログ

2022.11.09更新

突発性難聴

 

患者さん

男性

 

主訴

左耳の突発性難聴

 

症状

四日前のお昼ごろ、左耳の調子がいつもと違うように感じた。そこからどんどん違和感が強くなり

耳鳴りが聞こえてきた(ファンファンする耳鳴り) 片耳を押えると、右耳の聞こえが10だとしたら、左耳は1くらいしか聞こえない。

次の日に病院に行き、突発性難聴と診断された。お薬を飲んで3日経つが、今の所変化が見られない為、他にできることはないかと調べ

鍼灸院に来院した。

耳鳴りは四日前だけで、それ以降は感じていない。

耳の聞こえが変わらない。

 

鍼治療と経過

突発性難聴の回復を目指して

頚肩回りの緊張を緩めるために、臀部 手先 足先の五ヶ所に鍼治療を行った。

 

二診目 帰り道、少し良くなった感じがあった。本日来院前に耳の検査をしてきて、数値も良くなっていた。

自覚的にも現在は10⇒1くらいの聞こえだったのが10⇒6.7くらい聞こえているように感じる。

一診目と同様の鍼治療を行う。

 

三診目 検査には行っていないが、99パーセント良くなっているように感じる。

同様の鍼治療を行う。患者さんと話し合い、また違和感や耳の不調がでたら早めの来院をお願いし

本日で略治とし鍼治療を終了した。

 

※早めの来院や病院の薬のおかげで早めに回復してくれたように思う。

使用したツボ

臀部 手先 足先

 

 

投稿者: 當山鍼灸院

SEARCH

CATEGORY

  • 當山指圧鍼灸接骨院オフィシャルブログ
  • 接骨院・整骨院ガイド
side_inq.png