院長ブログ

2024.05.16更新

小児はり

 

患者さん】 身内  5歳 女の子

季 節】  立夏

主 訴】  発熱

 

詳しい症状

特に咳や鼻水が出ているわけではないが、体温が高く熱を測ってみると

38.2の熱がある。 翌日はイベントに参加する用事がある。

 

鍼灸治療と経過

豪帝(刺さない鍼)を使い、熱冷ましの治療を行った。

治療前 38.2°  

翌日は 36.8°と平熱に戻っていたのでイベントに参加。

体調を考慮し、頻繁に体温を測った。

夕方までは平熱だったが、夜になると38.4°の発熱。

同様の治療をし、1時間後に熱を測ると、36.8°に下がっていた。

翌日朝も、平熱。 その後は2週間現在、発熱することなく元気に過ごしている 。

 

 

投稿者: 當山鍼灸院

2024.05.13更新

腰の痛み

 

患者さん】 女 性

季 節】  春

主 訴】 起床時の腰の痛み

来院時の詳しい症状

問診では、20年前から腰痛を発症。

今回の起床時の痛みがいつから強くなっているのかは確認不足で聞けなかった。

朝起きると、腰が硬まる感じで動きづらい・痛みがある。

午前中動いていくと次第に緊張もほぐれ楽になる

 

鍼灸治療と経過

起床時の腰の痛みを楽にできるように鍼治療を行った。

4/18  1診目 直後の変化はわからず

4/23  治療受けた日はだるかった。 起床時の痛みは減っている気がする

4/27  起床時の痛み だいぶ良くなっている。

4/30  腰の痛み落ち着いている。 変な姿勢で起きると痛むことがあるがほぼ大丈夫

5/4  腰の痛み落ち着いている。

5/11 ご家族を連れて来院。本人は治療はせず確認だけ。 腰の痛みは落ち着いている。

 

起床時の痛みは、今のところ約2週間は落ち着いている。

まだ再発のおそれがあるので痛みがあれば早めの来院を促した。

 

使用したツボ

足の太陽膀胱経  足の少陽胆経

足の陽明胃経   足の少陰腎経

腹部打鍼でお腹の緊張をとる

 

投稿者: 當山鍼灸院

2024.04.23更新

吐き気+肩こり

 

患者さん】  女性

季 節】   春

主 訴】  吐き気・肩こり

来院時の詳しい症状

来院時の2週間前から吐き気症状と肩こり症状が出ている。

約2年半前も同じ症状が出ており、その時以来の吐き気症状。

その時は一回の治療で症状消失し、その後2名ほど患者さんを紹介してくれた。

 

鍼灸治療と経過

吐き気・肩こり症状の緩和を目指し鍼治療を行った。

1診目 直後は吐き気は軽減したもののまだ残る。

肩こりは現段階ではなさそう。

症状の経過をみて続くようであれば来院を促し、

来院が2週間なければ心配なので経過をLINEで教えて下さいと伝え

その日の治療を終了した。

 

2週間後 LINEで経過を確認。

当日で9割気持ち悪さは改善されて、翌日からは全く気持ち悪さや、

吐き気もなくなりました。肩や首の凝り感は、当日に7割くらい改善され

3~4日後に10割改善されました。今はストレスなく過ごせています

との報告を受けた。

約2週間は経過よく過ごせていますので一旦、略治とします。

かなり効きやすいタイプの患者さんだと思われます。

 

使用したツボ

足の太陽膀胱経  足の少陽胆経

手の陽明大腸経  督脈

合計7か所の鍼治療。

投稿者: 當山鍼灸院

2024.04.19更新

左背部の痛み

患者さん】  女性

季 節】   春

主 訴】  左背部の痛み

来院時の詳しい症状】 

15日前に手術をした。長時間同じ姿勢でいたからか、その後から左の背中に痛みがある。

仰向けで寝ると痛みが増す。 左の背中に球状(ボール)のようなものがあるような感触がある。

 

鍼灸治療と経過

左の背部痛をよくできるように鍼治療をした。

触診をしても本人が仰るような球状のような感触は見つけきれなかったので

左背中全体を緩めるようにした。

 

1診目 直後は変化がわからない

2診目 背中にあった球状のような感触はなくなったが左の背中には痛みがある。

3診目 寝て起きたら良くなっているのがわかる。 まだ痛みはある

4診目 背中はだいぶ良くなっている 他の症状が出ている

5診目 背中の症状は消失している

6診目 背中の症状は消失している。

約2週間 背中の痛み 球状のような感触は出ていない。

左の背部痛に関しては良くなっている。

ただ他の症状が出ているので定期的に診て改善を目指していきます。

使用したツボ

足の陽明胃経 足の太陰脾経 手の少陽三焦経 足の少陽胆経

手の陽明大腸経 手の厥陰心包経  これらのツボから選穴し、毎回7本ほど。

投稿者: 當山鍼灸院

2024.03.13更新

耳鳴り

 

患者さん】  女 性

季 節】    冬

主 訴】   左耳の耳鳴り

来院時の詳しい症状

2016年メニエール病を発症後から左耳に耳鳴りの症状。

耳鳴りは静かなところで気になる感じで耐えきれない感じではなかった。

しかし、今年に入って約2ヶ月間ずっと耳鳴りが聞こえてうるさい。

鍼灸治療と経過

耳鳴りの音の軽減を目指して鍼治療を毎回5本ほど行った。

2診目 一週間後 変化なし

3診目 一週間後 今年に入ってからの耳鳴りのうるささはなくなった。耳鳴りはある。

4診目 一週間後 同じ感じで耳鳴りはあるがうるささはなくなった

 耳鳴りはあるものの当初のお悩み 耳鳴りのうるささはなくなり

耐えきれる範囲になった状態で2週間安定したため、また大きくなるようであれば早めの来院を促し

とりあえず今回は治療を終了した。

 

使用したツボ

足の少陰腎経 足の厥陰肝経 

手の陽明大腸経 手の少陽三焦経

足の少陽胆経

投稿者: 當山鍼灸院

2024.03.08更新

めまい 

 

患者さん】  女性

季 節】   冬

主 訴】   ふわふわするめまい

来院時の詳しい症状

月に1~2回ほど来院される患者さん。

この日の症状は、一週間前から自律神経が乱れているからか

ふわふわするめまいが続いている。

症状が酷い時は、吐き気もあり辛い

 

鍼灸治療と経過

治療前にバビンスキー反射 ホフマン反射をみて陰性を確認

その後めまいの軽減を目指し鍼治療を行った。

手足7か所に鍼治療をし、めまい軽減のため左右の耳に

パイオネックスという持続的にツボを刺激できる鍼を貼付した。

治療直後の変化はなし。ふわふわする感じがする。

2回目の来院は15日後 経過を聞いてみると、

次の日まではふわふわする感じがするかなーという感じで

それ以降、約2週間症状は出ていない。

めまいの再発がないように気をつけて診ていきます。

 

追記 その後 約1ヶ月半経過 めまいの再発は今のところない。

 

使用したツボ

足の太陽膀胱経 足の少陰腎経

手の陽明大腸経 足の太陰脾経

両耳のめまい点

 

投稿者: 當山鍼灸院

2024.03.02更新

改善できなかった症例

 

患者さん】 女 性

季 節】  夏~冬

主 訴 】 左耳突発性難聴後のつまり感や耳鳴りなど

来院時の詳しい症状

来院日の、約7ヶ月前に左耳の突発性難聴を発症した。

入院し、点滴治療 通院し高気圧酸素治療をした。

発症から約7ヶ月 現在の症状は

・音が割れる・響く・雑音があるところがつらい

・詰まった感じ・こもった感じ

・耳鳴り(シャーと言う音)が続いている

聴力は500hzと1000hzが45db付近に低下がみられる

 

鍼灸治療と経過

耳の症状の軽減を目指し

毎回7本ほど、手や足 臀部 頭に鍼治療を行った

結果からいうと全45回 週二回のペースで頑張って通ってくれたが

症状は残存してしまった。

経過

2診目 ちょっと調子がいいかも

3診目 2日間は詰まりも耳鳴りも小さく快適に過ごせた

6診目 響く感じも気にならなくなっている

7診目 治療間隔があくと元に戻ってくる

9診目 10⇒2 と調子良い

10診目 季節の変わり目の影響か10⇒6とつまり感悪化

12診目 スーパーにいると気持ち悪かったのが気にならなくなっている

13診目 10⇒2 と調子良い

13診目以降も、季節の変わり目や寝不足があると症状の悪化がみられた。

良くなったり悪くなったりを繰り返して45診目で治療を終了した。

最終的には

響く感じ 調子が良いときは気にならないが悪いと気になる

スーパーにいると気持ち悪かったのはなくなっている。

つまり感も10⇒2の比較的調子が良い日が増えたものの

調子が悪い日もある。

耳鳴りは小さくなることもあったが一番変化がなかった。

鍼をするとその後は調子が良いことが多かったが長続きしない。

逆に詰まり・耳鳴りが強くなる日も1回あった。

変化がない日も6回あった。

長いこと来てくれたが症状が残ってしまい申し訳ありません。

また症例ブログに掲載の許可も頂きありがとうございました。

使用したツボ

督脈  太陽膀胱経 少陰腎経 陽明大腸経 陽明胃経 少陽三焦経 少陽胆経 など

 

 

 

 

投稿者: 當山鍼灸院

2024.02.29更新

動悸

 

患者さん】 女 性

季 節】  冬

主 訴】  動悸 背中の痛み

来院時の詳しい症状

元々、なにか症状があると来院してくれる患者さん。

今回は、来院する3日前に背中の痛みがでた。

その翌朝、起きてから3時間ほど動悸が続いた。

その次の日も夜中に動悸で目を覚ます。

次の日も動悸が続いているため

来院してくれた。

現病歴にバセドウ病があるも動悸症状を自覚したのは初めて。

 

鍼灸治療と経過

背部痛の緩和と動悸症状の軽減を目指して鍼治療を行った。

足のツボ 肘のツボ 膝のツボ 前腕のツボ 全部で8か所に

鍼治療を行った。

背中の痛みはその場で良くなったような気がするとのこと。

動悸はずっと出ているわけではないので経過をみることにした。

 

2診目  4日後  あの後すぐに背中の痛みは解消した。

動悸症状もそれ以降は出ていない。 前回同様に鍼治療を行う。

 

それから3日後 LINEで状況を確認しても良いとの許可を得ていたのでLINEで確認。

1診目から約1週間 現在も症状は出ていない。 

まだ症状が出てくる可能性もあるため今後も

経過を見て再発などあれば追記します。

 

追記 動悸が出なくなってから、約1ヶ月後

現在も動悸することなく過ごせている。

約3ヶ月後も動悸することなく過ごせている。

 

使用したツボ

少陰腎経 厥陰心包経 厥陰肝経 少陽三焦経 合計 8か所のツボ

 

 

 

投稿者: 當山鍼灸院

2024.02.21更新

鼻詰まり

 

患者さん】 女性

季 節】  冬

主 訴】 鼻詰まり 特に左鼻

来院時の詳しい症状

元々、なにか症状があると来院してくれる患者さん。

今回は、約1週間前に風邪をひいて、熱は下がったが、

鼻詰まりが続いている。耳鼻科では蓄膿症と診断された。

LINEで少しでも鼻詰まりが楽になるようにしてほしいと

連絡があり治療をすることになった。

 

鼻詰まりは、両方あるが特に左が詰まっている。

鼻水は濃い色をしている。

 

鍼灸治療と経過

鼻詰まりが少しでも良くなるように鍼治療をした。

下腿のツボ 肘のツボ 手先のツボ 合計6か所に鍼治療

背中の1か所に11壮 お灸を据えた。

治療直後は、症状の軽かった右鼻は鼻詰まりが解消された。

左鼻は来たときよりは良いがまだ詰まっている。

ここで治療を終了した。

 

2週間後に別の症状を訴えて来院された。

鼻詰まりは、約1.5日後には左右とも解消されてその後今のところは

再発していないと報告をうけた。

 

使用したツボ

下腿部 肘  手先 のツボ (鍼)

背中のツボ (お灸)

投稿者: 當山鍼灸院

2024.02.17更新

右目の重さ

 

患者さん】  男 性

季 節 】  冬

主 訴 】  右目の重さ

 

来院時の詳しい症状】 

来院時の2週間前に、左の顔面神経麻痺を発症した。

顔面神経麻痺については、他の治療院で治療をしていて経過よく

順調に治療が進んでいる。

今回治療してほしいのは、右目が重くなる症状。

喋っていると、右目の瞼に硬球ボールが乗っかたような・

押し付けられているような重さが出てくる。

 

鍼灸治療と経過

右目の重さを良くできるように

毎回、7本ほど鍼治療をした。

1診目  鍼灸治療後、多少軽くなったような気もするがはっきりとは分からない

2診目 1週間後  治療2日後くらいから、一気に右目の重さに変化が出た。軽くなった。

最初の辛さを10とすると現在は3    硬球ボールが乗っかったような感覚はない。

人と喋るのが辛かったがだいぶ良くなっている

 

3診目 10⇒3

 

4診目  約2ヶ月後 他の症状で来院された。あの後は右目の重さはほぼなくなり

快適に過ごせている

 

使用したツボ

下腿部 背中  手先 肘  にあるツボ

 

投稿者: 當山鍼灸院

前へ

SEARCH

CATEGORY

  • 當山指圧鍼灸接骨院オフィシャルブログ
  • 接骨院・整骨院ガイド
side_inq.png