院長ブログ

2017.08.29更新

症例

患者さん

女性40代

来院日

2017年2月

来院理由と症状

1月の旅行中ベッドから起き上がった瞬間、腰に強い痛み

整形外科や整骨院に通い少しずつ改善してきてはいるが

動作時の痛み(歩行時・起き上がり・前屈姿勢)が強く

コルセットをつけていないと生活できない、

また膝裏~下腿部にかけてしびれが出る事がある為

鍼灸治療での改善を目的に来院。

 

治療内容と経過

治療は腰~臀部周辺の緊張緩和を目的に

腰~臀部のツボ、下腿部のツボを使用した。

治療間隔は週に一回のペースで行い

1診目の後は、その日1日は歩行時の痛みが和らぎ

歩きやすいものの、次の日には痛みが戻っており

起き上がりの痛みも強かった。

2診目の後は、鍼のせいなのか分からないが

内臓が動き出し30分不快感が続いたとのこと

その次の日から腰の調子が良く目覚めが良かった。

 

3診目の後は、コルセットを外しても生活できるようになり

起き上がりのピリッとした痛みもなくなり

立ち上がりも手を使わずに行えるようになった。

 

最後の治療となった4診目は

もう通わなくていいと思ったが

前日に無理をしたために痛みが出た為来院し

この日の治療が最後となった

 

まとめ

2診目のあとに好転反応のような症状がでて

患者さんを不安な気持ちにさせてしまったが

その後、劇的にいい方向に向かってくれた症例である。

 

 

投稿者: 當山鍼灸院

2017.08.28更新

症例1

 

患者さん

女性30代

来院日

2016年5月

来院理由と症状

 

4日前から左手、第4指、第5指にしびれが発症し段々と感覚も鈍くなった為に来院

左手第4,5指 手のひらにしびれ 手を開く動作がしづらい 物をもつことに支障がある

治療内容と経過

うつ伏せで触診すると首から背中にかけて強い張り感があった為

首~背中を緩めるためのツボを使用 しびれに対して肘のツボを使用

以後9診目まで同様の治療を続ける。

3診目から心なしかしびれが良くなっているような気がするとのことで

5診目からはっきりとしびれの緩和を実感

9診目にはしびれを感じなくなり、手を開く動作 物を持つ動作にも支障が

なくなったところで治療を終了した。

 

まとめ

手のしびれを引き起こす原因は色々あるが、今回の症状は

首~背中にかけての問題がしびれを引き起こしていると

予測し治療を行った。

投稿者: 當山鍼灸院

前へ
  • 當山指圧鍼灸接骨院オフィシャルブログ
  • 接骨院・整骨院ガイド
side_inq.png